--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-02

『臆病者のための株入門 』

この本は、投資初心者が株で儲ける方法が記載されている。
2006年の初版が出た時に私は読みました。8年前なので、本の内容はウロ覚えです。
要点は以下の通りだったと思います。
1. サラリーマンは、債権を購入する必要は無い。
2. 世界市場全体のインデックスファンドを購入しなさい。
前記の2を行えば、プライベートバンクを利用しなくても、立派なポートフォリオができるそうです。
ETFを買えば、信託報酬年率が少なくて済むらしい。何のETFだったかな。
「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」かな?
この本が出た後に、設定されたETFだから違うか?
まあ、世界全体投資のETFを購入することが、この本の投資法のポイントである。
大きく儲けることも損することも無い。市場の平均点を無難に目指すやり方である。

臆病者のための株入門 (文春新書)臆病者のための株入門 (文春新書)
(2006/04)
橘 玲

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。